キャッシングの申し込み

キャッシングの申し込みを方法は、さまざまな方法があります。
住友借入NAVIではいろいろな申し込み方法が紹介されています。
便利な方法を選べば急な入り用のときでも安心です。
消費者金融ができたころは、店頭窓口で申し込みをするか電話で申込みをするのが当たり前でした。
その後自動契約機が登場してからは、非対面で申込みをするがとができるようになり、インターネットの普及により来店しなくてもパソコンや、携帯電話、スマートフォン、タブレットからキャッシングの申込みができます。

それぞれの申込み方に特徴があるのですがすぐに手元に現金を手にしたい場合、どの申込み方が一番早いかというと店頭窓口になります。
次いで自動契約機、インターネット、電話申込みの順になります。
店頭窓口はなぜ一番申込みから実際に融資してくれるまでが一番早いかというと、申込みと契約が同時に行えるからです。
自動契約機でも申込みと契約が同時に行えるのですが、店頭だと何名かの社員が連携して審査を進めていってくれるので、早いのです。
審査をする人、免許証にコピーをする人、最終的に決済はその店舗の支店長が出します。

もう一つの理由としては、現在はインターネットで申込みをするのが主流であり、わざわざ店頭に来る人は少なくなっています。
そのため店頭窓口が割と空いていますので、店頭のほうがはやく審査が完了します。
そして契約手続き後にキャッシングカードがその場で発行されますので、退店後にATMでお金を借りることができます。
インターネットであれば、申込みがインターネットでできますが、契約は来店かインターネット契約のどちらかになります。
インターネットの契約を選ぶと来店しなくても契約できますが、審査の手続き中にキャッシング会社か申込み内容の確認等で電話がかかってくることがあります。
すぐに電話がとれる状態であれば、審査がスムーズにいきますが一回で連絡がとれないとそこから審査が先に進みません。そのため時間がかかることがあります。
店頭であればその場にいますので審査がスムーズに進みます。